脱毛知識 名古屋 脱毛クリニック

脱毛サロン・医療機関

一口に脱毛と言っても色々な種類の方法があるのをご存知ですか?
そして脱毛をする場所、それは大体医療機関か脱毛サロンという2箇所になるでしょう。

 

医療機関で行う脱毛というのは、電気針によるものとレーザーを使ったものの2種類が基本となります。
麻酔をするという行為は医療行為なので、脱毛サロンで行うことは出来ず、医療機関でのみ行うことが可能です。
そのため電気針を使用する脱毛方法は脱毛サロンで行うことは出来ず、医療機関でのみ行えます。
医療機関での脱毛は脱毛サロンでの脱毛と比べ、費用が高めです。
しかし医療機関では麻酔が可能であるということと、医療機関ならではのケアや事前カウンセリングやアフターケアなど、施術に対するケアが手厚いようです。

 

医療機関で行う脱毛には上記のように、電気針を使ったものと、レーザーを使ったものの2種類があります。
ではそれぞれのメリットやデメリットとはどのようなものでしょうか・・・

 

電気針は絶縁針とも呼ばれることがあります。
これは毛穴に電気の流れる針を入れ、そこに電流を通し、毛母細胞にダメージを与え、再生力を奪います。
この方法は毛根の毛周期に影響を受けにくいです。
しかし電気針での脱毛はレーザーを使った脱毛に比べ、一回の施術に掛かる時間も手間も多くなります。
また、レーザー脱毛に比べ、痛みも多いです。
しかし電気針での施術は、レーザー脱毛を行うことが出来ない部位でも施術が可能であることも多いです。
レーザー脱毛ではメラニン色素にレーザーが反応するため、日焼けをしていたり、色黒だったりする場合には施術が出来ない場合もあります。
しかし電気針脱毛では範囲が狭かったりメラニン色素が沈着してしまっている部位にも施術が可能なのです。
電気針脱毛は1本1本確実に脱毛が可能なので、しっかりと脱毛したい部位には最適でしょう。
麻酔も可能ですので、痛みに弱い方など、被施術者の範囲も広がります。

 

ではレーザー脱毛はどうでしょうか。
レーザー脱毛とは、毛の黒い色素に反応する特殊なレーザーを照射し、その光が毛母細胞まで浸透し、再生能力を奪う方法です。
電気針脱毛と比べ、費用が安く済み、また時間も短く済むのが特徴です。
また、電気針脱毛などと比べ、ある程度ムダ毛を伸ばしてから施術するというようなプロセスも踏む必要はありません。
そのため、普段と同じように生活でき、自分のペースで脱毛をすることができます。
このレーザー脱毛のデメリットは、電気針脱毛のメリットで書いたように、日焼けをしていたりメラニン色素の沈着がある部位には施術できないことです。
また、電気針脱毛と反対に、毛周期が大事になります。
毛周期が休止期間の場合、レーザーを照射してもその光が毛根まで届かず、効果が出ないこともあります。
そのためレーザー脱毛では個々人の毛周期に合わせてレーザーを何度か照射することが必要です。
しかし電気針脱毛では時間がかかったりする広範囲を一気に脱毛することが可能です。
そのため、足や腕など、太く濃い毛が広範囲に生えている部位に最適な脱毛方法と言えるでしょうね。